本文へスキップ

東京理科大学卒業生18万人のビジネスネットワーク
〜人と人との繋がりを大切にしています〜

新着情報HEADLINE

新着情報

会員の鈴木弘昭さんテレビ出演 (2018.12.20更新)

会員の鈴木弘昭さんテレビ出演のお知らせです!


NHK 正月特番・放映のお知らせ 
仮題:メガ実験バライティ 出川さんすごいよ!!
実大規模・戸建て住宅における出火・拡大の火災実験編
NHK、正月番組として企画された「台所、居間等における出火とその拡大過程と
2階への延焼」等の“危険な状況”を周知するために、去る、平成30年11月22日、栃木県佐野市岩舟町の山中で、
戸建て住宅(2階)を建てて、実大規模の火災実験を行い、収録しました。
下記の日時に放映される予定ですので、ここにお知らせ致します。是非、ご覧戴きたく、お薦めします。


1.放送局: NHK総合
2.放送日時:平成31年(2019年)1月5日 22:00〜
3.番組名: NHK 正月特番(題名は未定)

戸建て、2階住宅において「1階リビングで、ストーブの近くに洗濯物を干していて、ストーブ上に落下し、
出火する」という想定で、出火の原点から、「壁 ➝ 天井 ➝ 室全体 ➝ 階段 ➝ 2階の部屋」への
火災拡大の状況を「実大火災実験」として行いました。
正月特番として、タレントの出川哲朗氏が出演します。
「壁を上昇する炎の状況、天井面下のフラッシュオーバー現象」等、火災拡大状況の最も危険な
「フラッシュオーバー現象」もきれいに現れたので、良い映像が撮れたものと思います。

実大火災実験に先立って、台所のガスコンロ上で「天ぷら油に火が入って、炎が拡大する状況と消火」も実験しました。
その結果、次尚とおりです。
1.鍋の蓋をかぶせる。 ➝蓋が合わない、落下してしまう等、火が消えるとは限らない。
 少々、危険も伴う。
2.濡れた布等を被せる ➝大きめのタオルなら一瞬にして消える。布を濡らすのにあせる。
 濡れていないと燃えてしまう。火傷をしないように、タオルの持ち方に注意を要す。
3.マヨネーズを入れる。➝ゆっくり、チューブのまま鍋の端をすべらせるように入れる。
 チューブが溶けて玉子が天ぷら油の表面に膜を作って炎は消える。
 但し、マヨネーズの量が少ないとダメ。チューブごと「投げ入れ」は絶対にダメ。
 大きな火炎が一気に天井まで一杯に上がる。
★東京消防庁では現在は推薦しない。投げ入れてしまう。
 最近はマヨネーズの種類によって完全には消えないものもあるから。しかし、時間稼ぎにはなる。

理窓ビジネス同友会 事務局

〒162-0825
東京都新宿区神楽坂2-6-1
PORTA神楽坂7F

FAX:03−4333−0345
e-mail:info@kigyou.risou.net

アクセス